上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

小悪魔は単独では行動しないし、なりふり構わず男を落とすようなこともしません。ちゃんと下準備をしてから戦略的に彼に近づいて、最終的に彼の方から告白させて本命を射止めます。

そんな絶妙な心理戦が彼女たちの恋愛テクニック!その恋の駆け引きは、まさに小悪魔という言葉がピッタリです。

まず、彼女たちは異性に近づく前に同性の友だちを数人つくり、グループを形成することから始めます。

その理由は、単独行動するよりグループで行動する方が周囲の注目を集めやすいうえ、その人脈を通して出会いのチャンスが確実に増えるからです。それに恋の後ろ盾として、ときには仲間が助け舟をだしくれることもあります。

この点については、「人に好かれる性質は恋に有利に働く」と、「人脈が恋のチャンスを運んでくる」でお話していますので、詳しくはそちらを参照してみてください。

次に、彼女たちは男友だちをたくさんつくり、自分のグループを通して出来るだけ行動範囲を広げていきます。

その理由は、男友だちをたくさんつくることで、男友だちの…友だちの‥またその友だちの‥と言う形で、芋づる式に男友だちが増えていくことで、出会いのチャンスもそれに比例して増えていくからです。

また、自分のグループを通して行動することによって、グループ内の女の子たちと出会いのチャンスを共有できるうえ、グループの人数に応じた男友だちが半ば自動的に集まって来るようになります。

このように、女友だちと男友だちをうまくリンクさせることで、素早く友だちの輪を広げていくことができるようになります。また、こうすることで出会いの幅が広がりますし、合コンのチャンスなども多くなります。

さて、問題はここから!実際、ここまでならその気になれば誰でもできます。

しかし、小悪魔はさらにその上を行きます。まさに、この点が小悪魔と普通の女の子の大きな違いでもあります。

じつは、男友だちをたくさんつくることが小悪魔の最終目的ではないんです。彼女たちの最終目的は、その人脈を通して本命の彼を見つけ、確実にその相手を射止めることにあります。

言ってみれば大部分の男友だちは、そのためテスターとして集めたようなもの。その中に本命がいれば話は別ですが、そうでない限りほとんどの男友だちは、彼女たちの恋愛のお手伝いをすることになるのです。

つまり、こういうこと!大部分の男友だちは、彼女たちの恋のシュミレーションに使われ、仲良しの男友だちで終わります。

彼女たちは彼らに小悪魔テクニックを使って、実際どんな反応が帰って来るのか、ちょっとしたテストをしたりするんですね。まさに、彼女たちにとって男友だちは恋のリトマス紙のようなもの。本命に備えて最大限に活用させてもらうわけです。

正直、テスターにされた男友だちはたまったもんじゃありませんが、そんな彼らをうまくなだめるのも小悪魔というもの。まぁ、大抵は軽いジョークで片付いてしまいますから、それほど心配はいらないでしょう。

それに、テスターの中から本命の彼が見つかることだって十分ありますし、そう考えれば最初はテスターだった彼らも、平等に恋のチャンスはあるわけです。つまり、本命になれなかったのは、彼らの力量不足。こちらが気にすることではありません。

そんなことをいちいち気にするよりも、出会いのチャンスを豊富につくり、その中から本命の彼を見つけ出すことに力を注いでください。そうすることで、より恋愛運を引き込みやすくなります。

そして、いよいよ本命となりうるターゲットが現れたら、チャンスを見計らって積極的に攻めて行きます。自分のアイディア、行動力を最大限に発揮してください。

さらに、いままで恋のテスター(男友だち)に試してきた小悪魔テクニックの反応を参考にして、相手に恋の罠を仕掛けてみるのも面白いかもしれません。

あとはココロとカラダ、小悪魔テクニックにさらなる磨きをかけて、ターゲットの彼の方から告白してくるように仕向ければOKです。やっぱり恋愛は、女性から告白するより、男性から告白した方がうまくいきますからね。

その理由は、相手から告白されて簡単に手に入れた女性より、自分から告白して努力のうえで手に入れた女性の方が、大抵の男性は大事にするからです。人は楽して手に入れたものよりも、苦労して手に入れたものを大切にするものです。

いいですか!まちがっても、男性に媚を売るような女性になってはいけませんよ。ハッキリ言って、それだと男性に弄ばれるのが落ちなんです。

男性に媚てもでモテようと思わない!その方が、結果的に恋はうまくいきます。

    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。