上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

何だかんだ言っても男性はプライドの高い人が多すぎる。基本はオレ様!

草食系なんて言われている男の子たちだって、表面的におとなしいだけで基本はオレ様!大昔から受け継がれているDNAはそう簡単には変わりません。

その証拠に、付き合い始めて3ヶ月もたてば、温和しめで気の弱そうな男でも大抵はオス特有の性質が目覚め始めます。具体的には、次ぎのような感じです。

●よくある男の性質と特徴

  ◎何かと命令調な言葉の使い方が増える
  ◎妙なプライドのせいか根拠のない自信を持ち始める
  ◎つまらないことで突然怒りだす
  ◎自分の思い通りに行かないと機嫌が悪くなる
  ◎何か言うとすぐに反論してくる

さて、あなたの彼はどうでしょうか?

もちろん、すべての男性が必ずそうだとは言いませんよ。世の中には、そんな欠点をひとつも見せない素敵な男性だってたくさんいます。

しかし、全体的にみてそう言う男性の割合はやっぱり少ないんですよ。ですから、男の我儘にいちいち頭に来るよりも、女の方が利口になってうまく対応していかないと男心を掴むことはなかなかできません。とくに男性をグイグイ引っ張っていく気質の肉食系女子の場合、これから書くお話しは必ず役に立つと思います。

最初に少し触れましたが、どんなにナヨナヨした人でも、基本はやっぱり男だということを肝に銘じておいてください。一見、気が弱そうに見えても、男性は太古の昔からオレ様DNAを受け継いでいます。このため大抵は自尊心が強く、他人から命令されたり、自分の考え方を頭から否定されることに強い反感を覚えます。

では、そんな男たちと上手に関わっていくにはどうしたらよいのでしょうか?

じつは、そういう人たちと無駄な争いを避け、うまくコミュニケーションをとるための言葉の使い方というのがあるんです。この会話テクニックを使えば、相手を思い通りに誘導して、いつのまにか主導権を握ってしまうことも可能になります。

しかも、相手に気づかれることなく、ごく自然に相手の方からあなたの意見を素直に尊重してくれるようになります。これさえ知っておけば、つまらないケンカが原因でお互い険悪なムードになることはきわめて少なくなるでしょう。

それでは、その方法と言葉の使い方について詳しくお話しします。

まず、コツは3つあります。このコツをよく頭に入れたうえで、相手の話しにもよく耳を傾けてください。そうすれば、彼もあなたの要求を受け入れやすくなります。

●男を上手に操る言葉の使い方
  
  ◎疑問系で話しかける
  ◎相手に同調する姿勢を持つ
  ◎決定権を相手に委ねる

そもそも、話しが拗れるのはお互い相手に譲歩する姿勢を見せず、一方的に自分の言い分だけをぶつけるからです。つまり、話しが一方通行なわけです。こういう場合、どちらか一方が折れないかぎり、なかなか話しが先へ進みません。

たとえば、次のような場合を考えてみましょう。

「ねぇ、今度のデート○○へ遊び行こ♪」

「待ち合わせはこの前と同じ場所に10時ね」

こんなふうにすべてを自分が仕切ってしまうのはNG!これでは、大抵の男はスネてしまいます。もちろん、優しい人なら笑顔で答えてくれるかもしれませんが、心は結構沈んでいることが多いので注意してください。

こんなときは、先ほど上げた3つの言葉の使い方を思い出してください。コツは先ほどあげたとおり、疑問系で話す、同調する、決定権を委ねるの3つです。具体的には、次のように話しかけてみてください。

「ねぇ、今度のデート○○へ遊びに行かない?」

「待ち合わせはこの前と同じ場所に10時で大丈夫?」

このようにちょっと言い回しを変えるだけで、自然と相手もあなたの話しを聞き入れやすくなります。自分の言い分だけを一方的に言うよりは、疑問系で話しかけ、決定権を委ねてしまった方がより会話はスムーズになるんです。

この方法、男性には効果バツグンですよ!

おそらく男性側も、何となく自分を立ててもらったような感じで悪い気がしないのでしょうね。プライドが高い分、こんなちょっとした話しの運び方をするだけで、男性は相手の要求に対してOKサインをだしやすくなるのでしょう。

もうひとつ例を見てみましょう。

「○○くん、お昼ご飯どうしようか?」

「近くに美味しいイタリアンのお店があるんだけどよかったら行ってみない?」

どうですか?だんだんコツがわかってきたのではないでしょうか。

じつは、この言葉の使い方!一見、相手を立てているだけに見えますが、誘導しているのはあなたなんですよ。本当は自分が望んでいることをあえて疑問系に置き換えて伝えることで、相手の同意を得やすくしているわけなんですね。

つまり、決定権は相手に委ねていますが、主導権はあなたにあるということ!男をグングン引っ張っていく肉食系女子なら、なおさら今回お話しした言葉の使い方が役に立つはずです!ぜひ、騙されたと思って使ってみてください。

また、疑問系の話し方は、相手の言い分に不満があるときにも活用できます。

たとえば、次の例を見てください。

「あのさ、今度の休みバイクでツーリングに行かない」

「あ~、寒いしバイクは嫌だな~」と心の中で思っても、すぐ断っちゃうのはダメですよ。どんな提案に対しても、まずは相手に同調してあげることが大切です。こんな場合は、こう答えましょう。

「わぁ!ツーリング楽しそうだね」

とまずは彼の提案に同調。そのあとで…

「でも…路面が凍結してるかもしれないし危険じゃない?」

「それだったら、電車で○○へ行かない?」

とこんな感じで代替案を出せばいいんです。そうすれば、相手も自分の提案を否定されたとは思いませんし、意外とあなたの提案に乗ってくれるかもしれません。

いずれにしても、男心を掴む会話のコツは、疑問系で話す、同調する、決定権を委ねるの3つです。これ以外にもいろいろな方法があると思いますが、大抵はこの点さえ気をつければ、男性のみならず、ちょっと頑固な同性との会話もスムーズに運ぶようになりますよ。

また、相手の心を傷つけず無理なくあなたが主導権を握ることができますし、ふたりの会話もよりいっそう楽しいものになるはずです。

楽しいデート後のお礼メールも、「今日は楽しかった~♪また行こうね」と書くよりは、「今日は楽しかった~♪また一緒に行けると嬉しいな」と書いた方が、男心をくすぐりますし好感が持たれますよ。

あなたも男心に配慮した言葉の使い方で可愛く言い換えちゃいましょう。

    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。