上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

憧れの彼と少しでも距離を縮めたい!そう思っても、どう彼に近づいてよいのか分からない人も結構いるのではないでしょうか。

ハッキリ言って、何の準備もなしに彼に近づいてもうまくいく可能性は低いと思います。とくに、一度も話しをしたことがない彼ならなおさらです。何の計画性もなしに場当り的にアクションを起こしてみたところで、結果は空回りするばかりでなかなかうまくいかないものです。

そこで、まず彼に近づくためのプランを練りましょう。

彼が通勤や通学で使っている電車、下校や退社の時間、授業や講義のときに彼がよく座る場所、ランチタイムによく行くお店、彼が興味を抱いているものや熱中しているものなど、他にも色々ありますが彼についてできるだけ情報を集めてください。

えっ!ストーカーみたいですっていえいえ、そんなことないですよ。この程度のことでストーカーと呼ばれるなら、小悪魔な女はすべてストーカーになってしまいます。

そもそもストーカーとは、特定の相手に対して執拗につきまとう行為を指し、異常なほどの執着心、支配欲に基づいて相手にストーキングする行為のことです。

今回の情報収集の目的は、彼に自分の存在をアピールすることであって、少しでも彼と仲良くなるチャンスをつくることが狙いです。彼に無理矢理つきまとい、強引に自分の気持ちを押し付けるような行為はしていないので、この場合ストーカー行為にはあたりません。まぁ、それほど大げさに考える必要もないかと…( ̄▽ ̄;)

まぁ、どうしても気になる人は、この小悪魔テクは使わないほうがよいでしょうね。心にやましい気持ちを抱いたまま彼に近づいてもうまくいきませんし、せっかくの恋が台無しです。小悪魔テクにも向き不向きがありますし、使いたくないテクニックを無理してまで使う必要はありません。あなたが使いやすいテクニックを選んで使っていくのが一番よい方法だと思います。

それでは、気が乗らない人は早速このページを閉じてください。ここから先は、このテクニックを使ってみたいという人のために話を進めていきたいと思います。

まず、一通りターゲットとなる彼の情報収集が完了したら、彼に近づくためのプランをいくつか練ります。

たとえば、彼が通学や通勤でよく利用する電車が分かったら、あなたも相手に合わせて同じ電車の車両で通学・通勤したり、できれば下校や退社の時間を彼に合わせるなどして、少しでも彼の視界に自分が入り込む機会を増やしていきます。このとき、まだ話をしたこともないような相手の場合、半径3メートルくらいの距離を保って相手にあまり近づき過ぎないように注意しましょう。必要以上に相手に近づくと変に警戒される可能性があります。

また、これ以外にもランチタイムを彼の行きつけのお店に合わせたり、学校の授業や講義などで彼の近くに座ってみたりするなど、アイディアしだいで彼の視界に入り込む方法はいくらでも出て来ると思います。あなたに合った自然な方法で、彼に近づくチャンスを自らの手でつくっていってください。

いずれにせよ、ここで大切なのは彼の視界にあなたが入る機会を少しでも増やすということです。彼との恋がスタートすることを心では願っていても、彼の目にあなたが映らなければ、自分の存在そのものを気づかせることができません。

ただしこの段階では、しばらく自分から相手に話しかけたりすることは避けた方が無難です。向こうから話しかけてくるか、彼がこちらを意識しだすまでは、焦る気持ちを抑えてじっと我慢してください。当面は、相手の視界に入る機会を増やすことだけを考え、チャンスが来るのをじっと待ちます。

この状態から1~2週間が経過したら、彼に軽く視線を送ってみてください。ここでもし相手と視線が合えば、向こうもこちらを意識している可能性が高いです。とりあえず2~3日くらい様子をみて、彼があなたを意識しているようならこの作戦は成功といえるでしょう。

さて、ここまできたら、あとは彼と会話をするだけです。

大抵の場合、彼の方から何らかのアクションを起こしてくるはずですが、どうしてもうまく進展しない場合には、こちらから積極的に会話のチャンスをつくってみるのもいいと思います。チャンスが来なければ自分でつくる!これくらいの心のパワーが小悪魔な女には必要です。

とにかくここまで来たらもう一息!仮にうまく会話ができなかったとしても、あせらず彼との距離を縮めていきましょう。

彼への想いがあれば、時間がチャンスを運んで来きてくれるはずです。

    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。