上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

好きな人とそれなりに仲良くなってきたら、次のステップでは相手により自分を意識させることです。

彼があなたを意識すればするほど、恋愛へと発展する可能性は高くなります。

そこで、よく使われるのがボディタッチ。相手のカラダに軽くふれるモテテクです。これって、小悪魔の定番テクのひとつですよね。

実はね、ボディタッチって100%成功するテクニックではないんですよ。やり方によっては相手の気分を損ねるし、それほど相手との信頼関係もできていないのに使いすぎれば、単に馴れ馴れしい女性だと勘違いされてしまうだけなんです。

とくに、注意が必要なのが初対面の人へのボディタッチ。これ、絶対にNGですよ。ボディタッチが効果を発揮するのは、ある程度心理的距離が近い親しい関係の場合です。初対面では、安易にベタベタしないのが鉄則です。

簡単に言えば、ボディタッチはタイミングと使い方がとても重要ってことです。でも、それさえ気を付けていれば、これほど相手の気持ちをこちらに惹きつけるうえで有効なテクニックは他にないと思います。

よく、テレビドラマなんかで女性が男性のネクタイを直してあげるシーンってあるでしょ。あれなんか一見すると何でもない光景なんですけど、それだけで男性はかなりその女性のことを意識してしまうものなんですよ。

ちなみに私が若い頃は、気の合う男性とバカ話で盛り上がっているときに、「なによ~」って感じで自分の肩を相手の肩にちょこんとぶつけるのが一番やり易いボディタッチでしたね。その他にも、カラオケで大好きな彼の隣に座って、自分の太ももが相手にさりげなくあたるように仕向けたりいろいろやりました。

まぁ、ボディタッチのやり方は、アイディアを振り絞ればたくさんでてくると思うのですが、あくまでもさりげなく自然にやるのがコツです。

それじゃ、ボディタッチが小悪魔テクとしてなぜ人気が高いのか。この点をもう少し詳しくお話しますね。

通常、ボディタッチを使う上で有効な相手との距離は、30~45センチくらいです。これ以上だと、ごく自然に相手のカラダにさわることが難しいので…

心理学では、この30~45センチの空間を個人空間と呼んでいます。また、他人がその空間に入るのは、その人と親密な関係にあるか、もしくは何か特別な理由がなければ困難であるとされています。

逆に言えば、この個人空間に信頼関係のない人が入り込むと、その人は心理的に拒絶反応を起こすのが普通と言われています。

先ほど、相手との信頼関係がないのにいきなりボディタッチを使っても、単に馴れ馴れしい女だと思われるだけと言ったのはこのためです。

しかし、お互いにある程度の信頼関係ができている場合には話が別。思い切って相手の懐に飛び込むことで、相手との心理的距離が一気に縮まることもあります。

たとえば、友達としてはお互いにうまくいっているけど、なかなか恋愛にまで発展しない。そんなふたりの距離をグッと縮めるには、こちらから勇気を出して相手の個人空間にさっと飛び込んでしまうと案外うまくいきます。

それに、相手も自分の個人空間にあなたがいるわけですから、どうしてもあなたを意識せずにはいられないし、うまくいけばそのことがきっかけで相手にも恋愛感情が芽生えるかもしれません。

また、たとえ相手の気持ちに変化が起きなかったとしても、自分の気持ちを明確に告白したわけではないので、今までどおりの関係が壊れることもありません。

つまり、思い切って好きな人の個人空間に飛び込んでみたものの、仮に何の反応も帰ってこなかったとしても、あなたのリスクはそれほど高くないのです。

ボディタッチが、小悪魔テクとしてよく使われる理由もここにあります。

普通、相手の個人空間に入るためには、たとえお互いの信頼関係があったとしてもそう簡単に入ることはできません。そこに入るためには、恋人同士のような親密な関係があるか、何か特別な理由でもないかぎり意外と難しいのです。

ですが、モテテクとしてごく自然にボディタッチを仕掛けれることができれば、なんなく相手の個人空間に入り込むことができます。

まさに、これがボディタッチの意図するところであり、小悪魔が相手の心をこちらに向けるテクニックなんです。

まぁ、そうは言ってもやっぱり勇気のいるテクニックですよね。でも、それだけ効果が期待できるのはたしかです。

    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。